Choose color scheme

薬剤師転職ステーション

  • 2か月で転職

    薬剤師歴15年40代女性の転職体験談

    薬剤師の資格を取得してから最初に就職をしたのは地元の総合病院でした。

    昔から就職は地元にしたいと強く思っていましたし、そこで多くの患者さんを助ける医療の仕事をしたいとも希望していたので、新卒で大きな病院に入ることができたのは本当に運がよかったと思います。

    ですがそうした理想とは裏腹に、実際の病院内の業務はかなり厳しく体力的にきついと感じることもよくありました。

    病院内の薬剤師の仕事は、病棟に入院している患者さんなどのために院内で処方される薬を出すことなのですが、これが場合によっては連勤で夜勤をしなくてはいけなかったり、忙しい時期にはほとんど家に帰ることができないということもあったのです。

    若い時期はそれでも将来のためと思い必死で毎日の業務をこなしてきたのですが、30代になった頃から疲れが完全にとれず、強いだるさを感じながら仕事をするようなことが増えてきました。

    そんなとき季節の変わり目に体調を崩してしまい「このまま定年まで働くことはできるんだろうか?」という漠然とした不安を初めて感じたのでした。

    年齢的に厳しいと思ってきた転職ですが

    その病院は大きな組織が母体となっていたこともあって、福利厚生の制度はしっかりと整っていました。

    ですので私は結婚後に妊娠したときに産休と育休を取得し、明けてからも同じように院内での業務を続けてきました。

    院内での仕事は相変わらず忙しいものだったのですが、長く勤務をしていく中で見えてきたのは院内薬剤師という立場の限界でした。

    同じ院内のスタッフでも、医師や検査技師、看護師といった人たちはキャリアを伸ばしながら院内の管理職や診療科の責任者を目指すことができていたのに対し、薬剤師は全体の人数も少ないこともあってせいぜい薬剤部長が最終到達点なんだということがわかったのです。

    もちろん全国にある病院の中には薬剤部の立場が高い位置にあるところもあるでしょうが、私の職場はそうではなかったようで、そのことが長年勤務をしてきた病院への愛着心を薄れさせてしまうことになりました。

    しかし転職を考えるようになった時には既に40代を目前としており、転職が難しいとされる35歳以降にすっかり入り込んでしまっていました。

    果たしてこんな年齢からでも転職をすることができるんだろうかと思いながらも薬剤師向けの求人サービスを探していたところ、現在の勤務先の求人票を見かけました。

    あっさり2ヶ月でできてしまった転職

    私が利用をしたのは薬剤師専門の人材紹介サービスで、最初に会員登録をすることで希望にあった求人を案内してもらえるという内容になっていました。

    最初に面談をしたときに「子供がいるので休日をしっかり取りたい」「残業が少ないところがよい」「できるだけ自宅の近くで」といった年齢にしてはわがままかな?と思えるほどのたくさんの条件を並べたところ、あっさりと「それならよい求人があります」とすぐに案内を受けることができました。

    タイミングもあったのかもしれませんが、自宅の近くの診療所の調剤薬局でたまたま欠員が出ており、そこでは年齢は関係なく募集が出されていました。

    病院と違って開院時間の決まっている診療所の近くの調剤薬局ということで就業時間も短く、また以前までの職歴をそのまま業務に生かすことができることがわかり、すぐにそこへ応募を決めました。

    実際に行動に移してみるまでは難しく感じていた転職活動ですが、終わってみれば全部合わせても2ヶ月足らずで済んでしまっています。

    案ずるより産むが易しとは言いますが、薬剤師という資格は自分で思っていたよりもずっと就職に強みを持っていたということでしょうね。

  • グッピー

    全国の薬剤師求人に対応できる老舗サービス

    グッピー(GUPPY)は、株式会社グッピーズが運営する老舗の薬剤師転職サービスです。

    創業は2000年からと既に15年以上が経過しており、ネットでの転職活動が一般化してきた頃からのサービスなのでかなり早くから現在のスタイルの転職サービスをしてきたところを言えるでしょう。

    老舗だけあって取扱されている求人案件の数も多く、常時18,000件あまりの情報を公式サイトから見ることができます。

    薬剤師歴10年くらいの転職経験者なら「グッピー」を利用したことがあるという人はかなりの数になっているため、知名度ということで言えば大手転職サービスと比類ほどといえるレベルと言えます。

    各薬局にフリーペーパーを送付

    「グッピー」の大きな特徴となっているのが、定期的に薬局などに送付されてくるフリーペーパーです。

    ネットのサービスとして老舗のグッピーですが、サービスの基本としているのはネットワークに頼らない人と人のつながりからの転職であることらしく、時々こうしたアナログ式のサービスが見られたりします。

    ネットサービスも開始当初は間に人を入れない情報提供型のものだったのですが、同業のサービスが登場してきたこともあり内容を間にエージェントを入れる方法にシフトしたようです。

  • アポプラスメディカルジョブ

    20年以上前からある薬剤師専門の紹介サービス

    「アポプラスメディカルジョブ」は、以前まで「アポプラスステーション」という名称で営業をしてきた薬剤師専用の人材紹介サービスです。

    ですが2012年からは「アポプラスステーション」は「クオール」という大手調剤薬局グループの傘下に入ることとなったため、現在では経営母体が異なる企業としての運営になっています。

    ただ「アポプラスステーション」は20年以上前から続いてきた老舗の薬剤師紹介サービスであるため、名称はそのまま残した形で「アポプラスメディカルジョブ」というふうにして運営が続いています。

    クオールが運営する同様の薬剤師のための求人サービスに「エムスリーキャリア」というサイトもあるのですが、そちらとは基本的に別の組織として別々の方法で営業されているようです。

    医療業界に強いパイプがあります

    「アポプラスメディカルジョブ」の大きな特徴となっているのが、かなり長年におよぶ医療業界とのつながありです。

    医療系転職サービスには大きく二種類があり、大手転職サービスが医療関連に進出してきたというケースと、もともと医療関連の営業をしてきた企業が人材紹介を始めたというケースに分かれます。

    知名度が高いのは前者のもとから転職サービスをしてきたという企業ですが、実際の転職における求人情報の集め方はやはり長年医療関連業界に営業をかけてきた企業の方に一日の長があるようです。

    「アポプラスメディカルジョブ」の母体である「アポプラスステーション」は薬剤師の他にも医療関連の資格を持った人の求人を取りか使っており、独自のネットワークの中から表には出にくい信頼出来る求人情報お提供してくれています。

    薬剤師の場合、転職先の中心となる調剤薬局の求人では地域密着の施設に特に強くなっているので、より安定的な就業敢行を求めていくことができます。

  • 求人探しのコツ

    転職で失敗しないために注意したいこと

    薬剤師は現在全国的に人材不足となっていることから、求人情報の数はかなり多く見かけることができます。

    求人情報はハローワークや配布される折込チラシやフリーペーパーだけを見てもかなり多く掲載されていて、中には相当給与水準が高く待遇面に恵まれているところもあったりします。

    引く手あまたの薬剤師なのでどこに行っても下にも置かないような待遇があるかということ決してそういうわけではなく、場合によっては非常に激務に耐えないといけないといったこともしばしば起こっているのが現状です。

    考えてみればかなり高待遇でたくさんの求人情報を出しているということはそれだけ人手不足が深刻であり、一刻も早く人が入らないと事業が回らないということの裏返しです。

    つまり条件や年収がよい職場というのはそれだけの給与を支払うだけの環境が中にはあるということでもあるので、あまり表に出ている情報だけを信用して転職活動はしない方がよいでしょう。

    ただし給与の高い求人の全てが過酷な激務なのかというと決してそういうわけでもなく、中には好待遇で優秀な人材を迎えたいとしているところも多く存在しています。

    薬剤師の転職活動においては、就職を希望する先の施設の情報を適切に集め本当に自分の希望にあった業務ができるところかを調べておくことが大切です。

    求人票のここをチェックする

    求人票や雑誌の掲載情報というのは少ない紙面の中に求人のための情報を詰め込むものであるため、そこに記載されていることだけでその職場を判断するということはできません。

    しかし少ない情報ながら、いくつかの点を重視することによりその裏に隠されている実態をある程度予想することは可能です。

    ポイントとなるのは大きく3つあり、「給与待遇が他と比較してかなりよい」「同じ求人がかなり長期間に渡って出されている」「以前の求人内容と比較してかなり条件が緩和されている」ということです。

    これらは一見求職者にとってはありがたい項目のようですが、そうした見た目に飛びついて焦って就職を決めてしまうと「こんなはずじゃなかった」と早期退職になってしまうこともあるので注意が必要です。

    求人を出す側も何も求職をしている薬剤師さんを騙そうと思っているわけでなく、それまでの経緯によってやむを得ずそうした求人になってしまっているのでしょうが、結果的にそうした求人のためにミスマッチが生まれてしまっていることは確かです。

    求人票だけでなくきちんと人を通した確認をする

    上記のポイントがなぜ問題であるかというと、それらの条件に当てはまる求人の多くは離職率が高く人材が定着しない場所であるということが伺えるからです。

    医療業界においては人材が不足して資格者がいなくなるとそもそもの業務を行うことができなくなってしまいますので、何としてでも資格者を得ようということからこうした求人になってしまうのです。

    しかしそうした職場の根本原因を改善しないまま求職者を甘く採用しただけでは環境がよくなることはありません。

    特に三番目の「採用条件が以前より甘くなった」ということは深刻で、以前までは勤務歴5年程度の技能の人を採用していたところを新人でもよいということになれば採用後にスキル不足で苦しむのは新たに入った人材です。

    求人で失敗をしないためには求人情報を集めるだけでなく、時間がかかってもしっかり「人」を通した確認をしていくことが大切になります。

    間の「人」は先輩やその施設に勤める知人などでもいいですし、転職紹介サービスでのエージェントでもいいでしょう。