薬剤師としての収入アップ方法

薬剤師という仕事は特殊な知識が必要となる専門職ですが、実際に勤務をしている人について調べてみるとその就職先によって生活スタイルは大きく異なっていることがわかります。
薬剤師の就業分野は医療関連業だけでなく、民間企業にまで数多く及んでいるのでそうした業界の違いが薬剤師としての待遇の違いになっているようです。

例えば同じ医療関連の職場でも、病院や診療所は外来の時間がきっちり決まっているので比較的時間に余裕のある仕事をすることができますが、大学病院や地域の基幹総合病院になると夜間診療をしていることが多いため当直勤務による夜勤や呼び出しなどがあったりします。

薬剤師としての年収アップを考える場合には、額面だけでなく終業時間や環境などまでよく考えて選ばないと時間給に換算したときにむしろ下がっていたなんていいうこともあるので注意が必要です。

比較的給与額が高いのは民間企業

薬剤師としての勤務先は数多くありますが、平均的な給与額が高いのは主に民間企業です。
民間企業からの薬剤師求人では、ドラッグストアの店員をはじめ、製薬会社での治験担当者や、新薬開発チームといったようなものが代表的です。

同じ調剤の仕事をするにしても、病院よりは調剤薬局、調剤薬局よりもドラッグストアと民間の店舗販売に近くなるほど給与が高くなる傾向があります。
これは民間企業からの薬剤師求人の多くはその部署で一人のみの採用というようなことが珍しくないので、必然的に十分にキャリアを積んだ薬剤師さんを優先的に採用することが多いためです。

なので薬剤師として給与アップを目指すなら、まずは調剤薬局ないしは病院内の薬剤部でキャリアを数年単位で積み十分に知識と実績があるということを示せるようになる必要があります。
このとき特定の分野において強みがあるとより専門的な仕事を探しやすくなるので収入アップのチャンスが高まります。

もう一つ重要になるのが、同じような職場でも欠員などにより優秀な薬剤師をすぐにでも欲しいと考える企業からの情報をキャッチするということです。
現在では求人情報の紹介だけでなく、条件にマッチングする職場を優先して紹介する便利な人材紹介サービスもあるので、将来的に高給の場所への転職を考えるならそうしたところを利用してみるのもよい方法です。

薬剤師として収入アップをする方法を簡単に3つにまとめると以下のようになります。
1.病院よりは民間の高給の求人を探す
2.自分の専門分野を生かし限定的な専門職を探す
3.給与の交渉ができる求人サイトを利用する
便利なツールを使ってよりよい職場を見つけていけるようにしましょう。