薬剤師から研究職を目指す

薬剤師となるためには6年制の専門課程を経なくてはいけないことになっているため、順調に卒業をしたときには修士号を取得することができます。

その後一般企業や病院に就職をする場合にはそれで十分なのですが、研究者を目指したいという場合にはさらに進学をして博士号を目指すのが一般的です。

医学部や獣医学部と同じく6年制である薬剤師養成のための薬学部はそこから大学院への進学をすることで修士号課程を受けることなく直接博士号を目指すことができます。
既に医師や歯科医師などは博士課程をとって医学博士や歯学博士を目指すルートが一般的になっているので、薬剤師からも今後少しずつ博士号を持つ薬学博士が多く登場してくるのではないかと予想されます。

博士号をとってもすぐに研究者にはなれない

全国にある大学院でとれる「博士号」については、しばしば「足の裏の米粒」といった皮肉が使われます。
意味は「とっても食えない」ということで、研究者を目指す人の割合に対して十分に受け皿となる研究所がないということばかりか、年々予算を削減されることで研究人材を最小限で行わなくてはならないという事情が背景にあります。

薬剤師として一般企業になってから再び研究者を目指すというのは決して簡単な道ではなく、場合によっては何年も空きを待ってようやく試験を受けさせてもらえるということもあります。
いきなり大学や大学院での研究員となるのは相当コネがないと難しいのでまずは民間の製薬会社や食品会社で実績を積みそこから少しずつつながりを作っていくというのがよい方法となります。