病院薬剤師の仕事

薬剤師の仕事の中でも最も臨床経験を多く積むことができるのが病院薬剤師です。
病院や診療所内で働く薬剤師は、調剤薬局での仕事と同じように担当医の書く処方箋の内容に従って薬を調剤師して患者さんに渡していきます。

ただ一点大きな違いとなるのが薬局では外来で病院を利用した人のための薬であるのに対し、病院内薬剤師は入院患者を対象にすることになるということです。

処方する薬も外来の人向けの飲み薬や軟膏といったようなものだけでなく、点滴や注射薬といったものまでが含まれてくるので当然取り扱う薬品の種類も担当する病気の種類もかなり広くなってきます。

若い薬剤師さんなどは少しでも多くの臨床経験をしたいということで病院内の薬剤師となることを希望したりしますが、求人数は他の仕事に比べて多いわけではなく狭き門となることがほとんどです。

給与待遇面よりも経験重視

かなり優秀な人でなければ就職が難しい病院薬剤師なのですが、実際の就業待遇ではそれほど恵まれているわけではありません。
というのも入院患者に対峙するという仕事柄、夜勤や当直といった業務を避けることができず、そのわりに基本的な給与は民間企業よりも低いということがよくあります。

仕事の難易度に対して比較すれば調剤薬局やドラッグストアとは段違いに難しいのが病院薬剤師ですが、その分最先端の医薬品や医療の現場に立ち会うことができるというメリットがあります。