日本における薬剤師のはじまり

薬剤師という仕事を理解してもらうために、まずは日本における薬剤師の歴史について知ってもらいたいと思います。
日本では江戸時代まで医学の主流とされてきたのは世界三大医学のうち「東洋医学」とされるものであり、そちらでは治療の多くは漢方薬によって行っていました。

そのため明治時代以前までは医師とはすなわち薬剤師という意識が強く、病気や怪我を診療する医師がその場で薬(漢方薬)を調合して与えるという方法が一般的に取られてきました。

大転換が起こったのは明治時代以降の欧米の医学が入ってきた時期で、それまでの方法とは全く異なる科学に基づく医学をすることにより医薬分業という概念が初めて生じることとなりました。

ちなみに西洋医学の本場欧州では過去に政治的中心人物が毒殺されるという事件が相次いだということもあり、薬剤師という身分は早くから確立しており、それが「毒物」であるかどうかについて見分ける重要な役職として扱われてきました。

明治期にできた「薬舗主」という仕事

日本における初の薬剤師が生まれたのは1874年(明治7)年の医制が導入されたときで、このとき「薬舗主」という薬の調剤を専門に扱う仕事が作られました。
のちに1889年(明治22年)に現在の薬事法のもとになる法律ができたことで初めて「薬剤師」という名称が登場します。

明治以降に急速に普及した西洋医学ですが、明治期の熱心な医制改革にもかかわらず医薬分業という概念はあまり一般に広がることはなかったようです。

それまで薬によって患者を治してきた医師はその後西洋医学を学ぶ医師にとって代わられることになりましたが、従来の「医師が治る薬を出してくれる」というイメージは広く世間に持たれていたことにより現在にまでなお日本における医薬分業は道半ばという形になっています。