Choose color scheme

カテゴリー: 転職のコツ

  • 年齢から見る転職のコツ

    何歳からでも可能な薬剤師の転職

    薬剤師は国家資格による独占的排他業務を行うことができる強い力を持った仕事です。

    ですので仮に退職をしたとしても資格免許があるということを活かせば、かなり自由度の高い転職をしていくことが可能です。

    世間一般的には転職を成功させるためには「35歳限界説」というふうに言われています。

    これは35歳を過ぎると新しく企業に採用したときの扱いが難しく、管理職との年齢が逆転することなどから業務にむしろ支障をきたしてしまうことが考えられてしまうので多くの企業が採用を控えてしまう傾向があるためです。

    現在では転職をする人が全体的に増えてきたこともあり、必ずしも35歳を超えたら仕事を見つけることができないということはなくなりましたが、それでも中高年世代にとって転職先を見つける作業の難易度が高いという状況は変わっていません。

    しかし薬剤師業界に限定していけば決してそのようなことはなく、何歳になってからでも比較的自由に転職先を選ぶことができます。

    退職後の復帰であっても、現職からの転職であっても条件はほとんど変わりませんので自信をもって仕事を探していってもらいたいです。

    年代によって異なる求人内容

    しかしいくら国家資格である薬剤師であっても、年齢が就職に全く関係がないということにはなりません。

    全体的な傾向としてやはり求人数が多いのは20~30代までの若い薬剤師を希望する職場です。

    若い人材を求める職場の多くは、新しく事業や店舗を立ち上げたばかりのオープニングスタッフであったり、夜勤などの体力が必要となる病院内薬剤部であったりします。

    これは雇用側が新人やそれに近い人を採用することで自社内のルールでの教育がしやすく、また長く勤務をしてくれる人材として確保しやすいためです。

    そのため求人情報などを見るとかなり多数の求人票が出されており「未経験OK」といった項目もしばしばついたものがあります。

    ただし求人情報が多いからといって転職し放題というわけではなく、若くても転職回数が非常に多かったり短期間での退職をしたケースが多かったりすると、採用のときにそれを気にして避けるというようなことがあるので求人の多さに甘えること無くできるだけ長く勤務ができる職場を慎重に選んでいきましょう。

    逆に40代以降からの求人で増えるのが管理職などとしての採用です。

    具体的には調剤薬局やドラッグストアの店長候補といったことです。

    こうした専門的な仕事は既に10年以上の経験のある薬剤師が好まれる傾向となっていますが、年齢だけでなく経歴も問われるので実力を試すためにどんどん応募をしていってもらいたいところです。

    年代が高くなると女性が有利

    薬剤師は国家資格の中でも珍しく女性の割合がかなり高くなっています。

    これはキャリアの途中で一旦退職やブランクが出てしまっても、再就職がしやすいということを重視して資格取得を目指す人が多いためです。

    そうした事情を反映して、薬剤師の求人においては40~50代の女性を積極的に雇用するという動きが見られています。

    子育てが一段落した女性を採用して子供向けの薬剤を中心に扱うようにしたり、パートやアルバイトとして時間を限定して勤務をしてもらうというような方法を考えてのことです。

    反対に男性薬剤師の場合は中高年以降での転職はやや厳しくなる傾向があります。

    先に説明したように専門性を生かした管理職への転職ができればよいのですが、キャリア形成が不十分であったりすると、なかなか管理職としては採用がされづらく、また年齢的に一般業務としては入職しづらいという状況になってしまうからです。

  • 退職までのコツ

    円満退職を目指すためのポイント

    転職をするときには、新しい職場で内定をとりつつ現職をうまく辞めるための手続きをしていかないといけません。

    正社員として勤務をしている場合には、給与から社会保障費や税金が天引きをされていますので、きちんと手続きをしていかないと新しい職場での就業手続きが遅れてしまうことにもなりかねません。

    事務的な手続きはのちのちトラブルになりやすいのでお願いをすれば対応はしてもらえるかとは思いますが、それよりも深刻なのは人間関係でのトラブルです。

    退職をするときに辞表を叩きつけるように出ていくようでは残された人にも自分自身にも後味の悪い印象しか残すことができません。

    職場の事情や個人の人間関係もあるので全てそうしなければいけないということはありませんが、可能な限り円満な形での退職となるように努力はしていくべきと言えます。

    退職でトラブルを起こさないようにするための最も大きなコツは「早めに退職の意志を示す」「引き継ぎは確実に行う」「報告や挨拶はきちんと筋を通す」といったことが挙げられます。

    仮にトラブルが起こりそうになっても、退職者の方がきちんと手続きに沿った常識的な方法をとっていればあとから問題になるということはありません。

    完璧を目指す退職の手続き

    円満退職を目指すなら完璧を目指しましょう。

    一般の業務や日常の家事などにおいては完璧を求めすぎることはあまりよくない場面もありますが、こと退職手続きということに関してはいくら完璧を目指しても過ぎるというくらいはないくらいです。

    自分が担当してきた業務を後任の人が行っても全く問題がないように引き継ぎを行うということはもちろんのこと、私物はきちんと自宅に持ち帰る、支給されていた会社の備品は間違いなく返す、退職前にお世話になったスタッフ全員に挨拶をするというようなことです。

    こうした細かい部分で間違いがあると、退職後に連絡を受けてしまうようなこともありますし、退職日ギリギリになってトラブルが起こってしまうようなことも考えられます。

    退職をする日が決まったなら、遅くとも3日前までには全ての手続きを終えておき余裕をもって最後の日を迎えられるようにしておきたいところです。

    過剰な引き止めにあってしまったら

    退職に関するトラブルでかなり多く聞かれるのが退職日がはっきり決まらないという事例です。

    人員が足りていない忙しい職場においては、業務がどうしても回らなくなってしまうことを理由に「お願いだから○月まではいて欲しい」といったような強い引き止めにあってしまうこともよくあります。

    長年勤務をしてきた職場になると、人情的に見捨てるということができずついつい1ヶ月、2ヶ月と勤め続けてしまうところですが、それではいつまでも退職ができず転職先に大きな迷惑をかけてしまうことになります。

    引き止めにあった場合にはその事情に応じて多少の期間延長をするのはよいのですが、それでも必ず自分がいつまでには絶対に辞めたいという意志をはっきり示さないといけません。

    退職の日を職場任せにしていたら、まず向こうから提案をしてくるということはありません。

    転職も退職も、人任せにすることなく全て自分が主導をして決めるのだという強い意志を持ってのぞまなければいけないということはしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

    毅然とした態度をとらずに優柔不断な態度をとっていることは、結果的に現職にも転職先にも悪い影響しか与えません。

  • 面接でのコツ

    採用を決める最終試験が面接です

    新卒での就職活動でも中途採用での転職活動でも、必ず最終的に採用決定の手段として行われるのが「面接」です。

    学生時代のアルバイトから本格的な就職活動まで、これまで採用面接を受けた経験は誰もがあることと思います。

    面接では予め提出しておいた履歴書や職務経歴書をもとに担当者と向き合って口頭での受け答えをしていくことになります。

    この面接については苦手意識を持っている人はかなり多いようで、面接前に「おかしなことを言って落とされたらどうしよう」といったことを気にされていたりします。

    面接ではその時に初めて会う先方の担当者と話し、できるだけよい印象を持ってもらえるようにしないといけませんので、見た目や言葉遣い、細かい仕草までかなり気を使ってしまいます。

    ですが面接そのものはそれほど大げさに構える必要はなく、自分の自然体で気持ちを伝えることができれば問題はないことなのです。

    緊張をしてしまうのは面接でどういった部分を多く見られるのかということがわからず、全ての面で完璧でないといけないというふうに思ってしまうからです。

    面接時に特に重視されるチェックポイントがわかっていれば対策もとれますし、自信をもってのぞむことができます。

    面接で必ず聞かれる質問を想定しておく

    採用のための面接は長くても30分程度のものなので、聞かれる項目はそれほど多くなく、また内容もほとんど決まりきったものとなっています。

    面接で必ず聞かれる項目としてはまず「志望動機」「これまでの経歴」「自分の性格・特性などのPR」といったことがあります。

    転職の場合には「前職を退職する理由」を聞かれることもよくありますし、時間に余裕があるときには「自分の長所と短所について分析してください」といったちょっと難しいことを聞かれることもあります。

    これらについては就職活動のハウツー本にもかならず模範解答が記載されている事項であるので、面接がどうしても苦手という人ならそうした本を一冊購入して読むだけでもかなり自信がつきます。

    当たり障りなく応答をするなら、自身のキャリアを伸ばしたいと思ったというようなことや、薬剤師としてやってみたい業務(多くの患者さんと接したい、先端の薬剤を調剤する仕事をしたい、など)を挙げて話せば問題はありません。

    ちょっと考えすぎる人などは「当たり障りないことを言っていては採用されない」と思いあえて目立つことを言おうとすることもありますが、採用面接においてはそんなことはありません。

    極端な話ですが、採用面接ではその話の内容よりもそれを話すときの態度や様子など人となりを見ることが目的なので、あまり話す内容そのものは重要ではないのです。

    あくまでもTPOを踏まえたビジネスマナーを守ることができるかということが重要なのだと割りきって考えましょう。

    ネガティブな内容は極力避けるようにする

    面接をするときに絶対に頭に入れておきたいNG行為があります。

    それはネガティブな話題をフォローなしに話してしまうということです。

    転職の場合などには「なぜ前の仕事を辞めたいと思ったのですか?」という質問がされることがあるのですが、ここで「人間関係が悪かったから」「上司と意見が合わなかったから」「給与待遇に大きな不満があったから」ということをそのまま伝えてはいけません。

    仮に話すとしてもなぜそのように思ったかという根拠を明確にするとともに、自分なりに改善のための方法を尽くしたということをしっかりと付け足しフォローしておくことが大切です。

    ネガティブな話題は本人の人間性を後ろ向きに見せてしまうとともに、転職後にも「同じような不満をすぐに持ってしまうかも」という警戒心を相手に植え付けてしまいますので大きなマイナスポイントとなります。

  • 計画性を身に着ける

    転職までの流れを速やかに進める

    転職活動というと一番に重視してしまうのは新しい職場探しです。

    確かに現在勤務をしている職場と比較しより条件のよい職場を探してそこでの採用を目指すというのは就職活動で最も重要なことではあります。

    ですがそうした採用活動だけに注力をしてしまうことで、転職に関わる他の手続きが疎かになってしまい結果的に入職時にミソがついてしまうようなこともあります。

    トラブルがあっても最終的に転職がうまくいけばよいですが、最悪の場合には契約違反などにより訴訟沙汰になってしまったり、人間関係がこじれてその後の仕事に大きな禍根を残してしまうようなことにもなるので気をつけなくてはいけません。

    転職活動の成功は希望の職場から内定を受けることができるかではなく、退職から入職までの一連の流れをできるだけ円滑に行うことができるかどうかということにかかっています。

    出て行く人間なんだから多少荒れても問題ないというような考えの人もいるようですが、医療関連業界というのは広いようで狭い業界ですから、前職でのトラブルが将来になって思わぬ障壁となってキャリア形成に影響を与えてくることも十分にあります。

    退職をスムーズにやっていくためにするべきこと

    ある意味新規の就職活動よりも難しいといえるのが退職です。

    転職を希望するということはそれまで勤務してきた職場に何らかの不満があるということにほかなりませんから、上司や経営者とはどこかの時点でぶつからないといけないことになります。

    転職の意志を隠してこっそりと転職活動をしていた場合などには、内定が出た時点で退職の意志を現職の上司に伝えることになります。

    しかしそこで申し出てすぐに退職の意志が受け入れられればよいのですが、場合によっては職場の事情によって強い引き止めを受けることもあります。

    担当者によっては「次の人が決まるまでいてもらわないと困る」「辞めるなら責任をもって次の人を紹介して欲しい」といったことを言い出されることもあるようで、そうした脅しのような文句に引きずられるようにズルズルと数ヶ月勤務を続けてしまうようなケースがあります。

    法的には退職の意志を示せば1月程度で辞めて全く問題がないのですが、職場の人間関係やしがらみなどでそううまくいかないこともあります。

    ですので理想を言えば退職を予定する日の2~3ヶ月前には退職の意志を示し、あとからケチをつけられないようにきちんと筋を通した退職をしてもらいたいです。

    そのためには自分の仕事をきちんと引き継ぎし、後腐れがないように真面目に業務をするということが大切です。

    根回しをしながらスケジュールを組む

    転職をしようと決意したら、あまり多くのことを先送りせずに「○月までに完了する」といった目標を最初に掲げておくようにしましょう。

    「良い求人が見つかったら」「転職しやすい時期が来たら」といったある条件になったら動くというような方法をとっていると、どうしてもその場の雰囲気や感情に流されてしまい結局計画だけが先送りになって思うように活動を進めることができなくなってしまいます。

    全ての仕事に言えることですが、まず先にゴールを想定しておくことで逆算をしてスケジュールを組むことができるので、その時期までにしておくべきことが明確になります。

    転職をするとなるとそれまでの生活環境ががらりと代わり、慣れるまで大きな心労を受けることにもなってしまいます。

    ですのでできるだけストレス無く転職を成功させるためには流れ全体を自分でコントロールしながら進めていくことができるようにすることが大切になります。