Choose color scheme

カテゴリー: 転職体験談

  • 50代で転職

    薬剤師歴25年50代女性の転職体験談

    私が薬剤師としての資格を得たのは今から30年近くも前のことです。

    学校を出てから数年の間病院内にあった薬剤部で外来患者さんのために薬を処方する仕事をしてきましたが、薬事法制の改正や規制緩和によって病院内の調剤部は縮小しそれに伴い私も職場を調剤薬局グループに移すことになりました。

    それから長年に渡って調剤薬局に勤務をし、その間には結婚と出産を経験することになりました。

    一時子育てのためにキャリアが中断することはあったものの、気がつけば薬剤師人生は20年を超えており、このまま定年まで無事に過ごすことができればと思っていたところでした。

    しかし不運にも少子化や人口減少といったことの影響から勤務先の調剤薬局の近くにあった病院が別の地区と統合となり、それに伴い調剤薬局も廃業ということになってしまったのです。

    50代とはいえまだ定年までは10年以上の時間があるのでどうしたものかと思いましたが、老後の生活資金や子供の独立のための援助資金を考え思い切って再就職先を探してみることにしました。

    意外に多い年齢不問の求人

    最初はダメ元の気分で、最悪パートやアルバイトでも仕方がないと思っていたのですが、20年以上の経験がある薬剤師というキャリアを評価していただいたのか、就職活動を始めたところいくつかのオファーをいただくことができたのでした。

    ハローワークなどと違い、民間の就職紹介サービスの場合こちらの希望をあらかじめ登録をしておくことで寄せられる求人から自分の希望にあったものを紹介してもらえるのでネットの扱いに弱い私はとても助かりました。

    いくつか就職活動をしていく中では残念ながら条件が合わずに内定に至らなかったところもありましたが、粘り強く活動を続けたところようやく再就職先を見つけることができました。

    これからは50代からの新たなスタートと思い、気持ちを新たに新人のつもりで頑張っていきたいです。

  • 少しでもいい条件に

    薬剤師歴8年30代男性の転職体験談

    病院内薬剤部に5年以上勤務をしてきた薬剤師です。

    薬剤師としてのキャリア形成を意識し始めた頃、現在よりももっと給与待遇がよい職場はないかということを調べてみることにしました。

    以前から私の勤務するような病院内薬剤部は他の薬剤師の職場に比べて給与が安くなる傾向があるとは言われてきたのですが、実際に調べてみて年収が100万円近く違うこともあるということがわかり、少なからずショックを受けたところです。

    将来のために少しでも貯蓄をしたいと考えていたこともあり、現在のスキルで最も高い年収を得る仕事はどういったものがあるだろうかということを探すことにしました。

    薬剤師専門の求人サービスで相談をしてみたところ、ちょうどとある地方に進出をしはじめたドラッグストアからの求人が大量に出ているということを耳にしました。

    そこは現在の住所とはかなりかけ離れた遠い地方の都市だったのですが、職員を確保するために社員寮や福祉施設が完備しており、引っ越しを厭わなければ非常に条件のよい仕事ということがわかりました。

    単身で地方に勤務をしにいく

    旅行でも訪れたことがないような土地に単身で勤務に行くということには多少の不安がありましたが、実際に行って見ると社員寮は新築に近いキレイな設備であり、周辺に生活用品を購入できるお店もあったので全く生活に苦労をするということはありませんでした。

    田舎ということもあってかいろいろ規律のゆるい部分もあり、のんびりとした時間の中で好待遇の仕事をすることができたと思います。

    結局3年ほどの勤務で企業側から辞令が出て、他の地域に単身で移るかという打診があったのですがそろそろ田舎の暮らしから引き上げ、都内での仕事を探して再転職をしようかと考えているところです。

  • 大手のチェーン店へ

    薬剤師歴10年30代女性の転職体験談

    薬剤師として調剤薬局に10年近く勤務をしてきました。

    しかし、長年仕事をしてきたもののその間にはほとんど昇給もなく与えられる仕事も新人の頃とほとんど変わらないものでした。

    当時勤務をしていた職場は規模も小さく勤務をしている人員が少なかったということもありますが、そのままさらに数十年と勤務をしていても今以上の待遇は期待できないなとはうすうす感じていました。

    決定的に転職を決意したのは、ネットで薬剤師の平均年収を検索したときで結果自分の待遇は全体から見てかなり低いということがわかりました。

    ちょうど結婚をしたばかりで住宅のローンや子供の教育費といった経済的な必要があり、いつまでも今の職場で不満を持って働くよりは思い切ってより待遇がよいところに転職をした方がよいのではないかと考えるようになったのです。

    ドラッグストアのオープニングスタッフに

    私たち家族の新居は近年開発されたばかりの住宅地の中にあり、少しずつ増える戸建住宅の需要に合わせて商業店舗が増えてきた時期でした。

    その時に見かけたのが新しく近所にできるドラッグストアのオープニングスタッフという求人でした。

    ドラッグストアの中には医療用医薬品を提供する窓口が設置されており、薬剤師を強く募集するというような求人票となっていたのです。

    早速確認をしてみたところ、現在の職場と比較して約2割程度給与アップができるとともに、時間的な余裕のある働き方ができるということがわかりました。

    すぐに応募したいことを申し出たところ近所ということもあってすぐに採用が決まり、無事に薬剤師歴10年を迎えるタイミングで転職をすることができました。

  • 2か月で転職

    薬剤師歴15年40代女性の転職体験談

    薬剤師の資格を取得してから最初に就職をしたのは地元の総合病院でした。

    昔から就職は地元にしたいと強く思っていましたし、そこで多くの患者さんを助ける医療の仕事をしたいとも希望していたので、新卒で大きな病院に入ることができたのは本当に運がよかったと思います。

    ですがそうした理想とは裏腹に、実際の病院内の業務はかなり厳しく体力的にきついと感じることもよくありました。

    病院内の薬剤師の仕事は、病棟に入院している患者さんなどのために院内で処方される薬を出すことなのですが、これが場合によっては連勤で夜勤をしなくてはいけなかったり、忙しい時期にはほとんど家に帰ることができないということもあったのです。

    若い時期はそれでも将来のためと思い必死で毎日の業務をこなしてきたのですが、30代になった頃から疲れが完全にとれず、強いだるさを感じながら仕事をするようなことが増えてきました。

    そんなとき季節の変わり目に体調を崩してしまい「このまま定年まで働くことはできるんだろうか?」という漠然とした不安を初めて感じたのでした。

    年齢的に厳しいと思ってきた転職ですが

    その病院は大きな組織が母体となっていたこともあって、福利厚生の制度はしっかりと整っていました。

    ですので私は結婚後に妊娠したときに産休と育休を取得し、明けてからも同じように院内での業務を続けてきました。

    院内での仕事は相変わらず忙しいものだったのですが、長く勤務をしていく中で見えてきたのは院内薬剤師という立場の限界でした。

    同じ院内のスタッフでも、医師や検査技師、看護師といった人たちはキャリアを伸ばしながら院内の管理職や診療科の責任者を目指すことができていたのに対し、薬剤師は全体の人数も少ないこともあってせいぜい薬剤部長が最終到達点なんだということがわかったのです。

    もちろん全国にある病院の中には薬剤部の立場が高い位置にあるところもあるでしょうが、私の職場はそうではなかったようで、そのことが長年勤務をしてきた病院への愛着心を薄れさせてしまうことになりました。

    しかし転職を考えるようになった時には既に40代を目前としており、転職が難しいとされる35歳以降にすっかり入り込んでしまっていました。

    果たしてこんな年齢からでも転職をすることができるんだろうかと思いながらも薬剤師向けの求人サービスを探していたところ、現在の勤務先の求人票を見かけました。

    あっさり2ヶ月でできてしまった転職

    私が利用をしたのは薬剤師専門の人材紹介サービスで、最初に会員登録をすることで希望にあった求人を案内してもらえるという内容になっていました。

    最初に面談をしたときに「子供がいるので休日をしっかり取りたい」「残業が少ないところがよい」「できるだけ自宅の近くで」といった年齢にしてはわがままかな?と思えるほどのたくさんの条件を並べたところ、あっさりと「それならよい求人があります」とすぐに案内を受けることができました。

    タイミングもあったのかもしれませんが、自宅の近くの診療所の調剤薬局でたまたま欠員が出ており、そこでは年齢は関係なく募集が出されていました。

    病院と違って開院時間の決まっている診療所の近くの調剤薬局ということで就業時間も短く、また以前までの職歴をそのまま業務に生かすことができることがわかり、すぐにそこへ応募を決めました。

    実際に行動に移してみるまでは難しく感じていた転職活動ですが、終わってみれば全部合わせても2ヶ月足らずで済んでしまっています。

    案ずるより産むが易しとは言いますが、薬剤師という資格は自分で思っていたよりもずっと就職に強みを持っていたということでしょうね。