Choose color scheme

薬剤師転職ステーション

  • 病院薬剤師として転職したい

    病院薬剤師の仕事

    薬剤師の仕事の中でも最も臨床経験を多く積むことができるのが病院薬剤師です。
    病院や診療所内で働く薬剤師は、調剤薬局での仕事と同じように担当医の書く処方箋の内容に従って薬を調剤師して患者さんに渡していきます。

    ただ一点大きな違いとなるのが薬局では外来で病院を利用した人のための薬であるのに対し、病院内薬剤師は入院患者を対象にすることになるということです。

    処方する薬も外来の人向けの飲み薬や軟膏といったようなものだけでなく、点滴や注射薬といったものまでが含まれてくるので当然取り扱う薬品の種類も担当する病気の種類もかなり広くなってきます。

    若い薬剤師さんなどは少しでも多くの臨床経験をしたいということで病院内の薬剤師となることを希望したりしますが、求人数は他の仕事に比べて多いわけではなく狭き門となることがほとんどです。

    給与待遇面よりも経験重視

    かなり優秀な人でなければ就職が難しい病院薬剤師なのですが、実際の就業待遇ではそれほど恵まれているわけではありません。
    というのも入院患者に対峙するという仕事柄、夜勤や当直といった業務を避けることができず、そのわりに基本的な給与は民間企業よりも低いということがよくあります。

    仕事の難易度に対して比較すれば調剤薬局やドラッグストアとは段違いに難しいのが病院薬剤師ですが、その分最先端の医薬品や医療の現場に立ち会うことができるというメリットがあります。

  • 年収アップ3つのポイント

    薬剤師としての収入アップ方法

    薬剤師という仕事は特殊な知識が必要となる専門職ですが、実際に勤務をしている人について調べてみるとその就職先によって生活スタイルは大きく異なっていることがわかります。
    薬剤師の就業分野は医療関連業だけでなく、民間企業にまで数多く及んでいるのでそうした業界の違いが薬剤師としての待遇の違いになっているようです。

    例えば同じ医療関連の職場でも、病院や診療所は外来の時間がきっちり決まっているので比較的時間に余裕のある仕事をすることができますが、大学病院や地域の基幹総合病院になると夜間診療をしていることが多いため当直勤務による夜勤や呼び出しなどがあったりします。

    薬剤師としての年収アップを考える場合には、額面だけでなく終業時間や環境などまでよく考えて選ばないと時間給に換算したときにむしろ下がっていたなんていいうこともあるので注意が必要です。

    比較的給与額が高いのは民間企業

    薬剤師としての勤務先は数多くありますが、平均的な給与額が高いのは主に民間企業です。
    民間企業からの薬剤師求人では、ドラッグストアの店員をはじめ、製薬会社での治験担当者や、新薬開発チームといったようなものが代表的です。

    同じ調剤の仕事をするにしても、病院よりは調剤薬局、調剤薬局よりもドラッグストアと民間の店舗販売に近くなるほど給与が高くなる傾向があります。
    これは民間企業からの薬剤師求人の多くはその部署で一人のみの採用というようなことが珍しくないので、必然的に十分にキャリアを積んだ薬剤師さんを優先的に採用することが多いためです。

    なので薬剤師として給与アップを目指すなら、まずは調剤薬局ないしは病院内の薬剤部でキャリアを数年単位で積み十分に知識と実績があるということを示せるようになる必要があります。
    このとき特定の分野において強みがあるとより専門的な仕事を探しやすくなるので収入アップのチャンスが高まります。

    もう一つ重要になるのが、同じような職場でも欠員などにより優秀な薬剤師をすぐにでも欲しいと考える企業からの情報をキャッチするということです。
    現在では求人情報の紹介だけでなく、条件にマッチングする職場を優先して紹介する便利な人材紹介サービスもあるので、将来的に高給の場所への転職を考えるならそうしたところを利用してみるのもよい方法です。

    薬剤師として収入アップをする方法を簡単に3つにまとめると以下のようになります。
    1.病院よりは民間の高給の求人を探す
    2.自分の専門分野を生かし限定的な専門職を探す
    3.給与の交渉ができる求人サイトを利用する
    便利なツールを使ってよりよい職場を見つけていけるようにしましょう。

  • 20代薬剤師に必要なスキルとキャリアパス

    20代の薬剤師にしかできないことがある!

    薬剤師業界というのは平均転職回数が多く、何度でもキャリアの築き直しができるというところに大きなメリットがあるところです。
    しかし他にもいくらでも働く場所があるからという甘えをいつまでも持っているようでは、将来に渡る薬剤師としてのキャリアを身につけることはできません。

    薬剤師として将来どういった働き方をしていくことができるかということは、20代のうちにどういった経験をしたかによって決まるといっても過言ではないからです。

    薬剤師としてのキャリアをスタートさせることができるのは既に20代も半ばになってからのことですが、この最初の数年にどういった仕事を経験したかということがその後の進路に大きな影響を与えてきます。
    薬剤師という仕事は生涯勉強という新しい情報に敏感に反応する姿勢が求められますが、より若い時期にそれができていたかによりその後数十年の働き方も変わってくるのです。

    薬剤の分野における自分の適性を見極める

    薬剤師の生涯キャリアは非常に多岐にわたっており、自分の適性によって選べる場所がかなり変わってきます。
    それは言い換えれば自分の適性が何であるかということがわかっていないと、ただ分岐だけが多く自分にとって何が適しているかがわかりにくくなってしまうということでもあります。

    薬剤に関する知識があるということは必須条件としても、そこに「多くの人と接して助けたい」「お店を運営して売上を上げたい」「新薬を開発する研究をしたい」といったような気持のうちどれを強く思って仕事をしてきたかがプラスαとしてのスキルになります。

    20代の頃というのは記憶力も高く体力的にも無理がきくので、つい目先の収入が多い職場にばかり目が行ってしまいます。
    ですが長い目で見た時、本当に薬剤師としてのスキルを生かしていけるのは40代になってからです。

    これから薬剤師業界で活躍したいという人には、短期的ではなく長期的なキャリアを意識したスキルアップをぜひやっていってもらいたいと思っています。

  • 薬剤師の歴史

    日本における薬剤師のはじまり

    薬剤師という仕事を理解してもらうために、まずは日本における薬剤師の歴史について知ってもらいたいと思います。
    日本では江戸時代まで医学の主流とされてきたのは世界三大医学のうち「東洋医学」とされるものであり、そちらでは治療の多くは漢方薬によって行っていました。

    そのため明治時代以前までは医師とはすなわち薬剤師という意識が強く、病気や怪我を診療する医師がその場で薬(漢方薬)を調合して与えるという方法が一般的に取られてきました。

    大転換が起こったのは明治時代以降の欧米の医学が入ってきた時期で、それまでの方法とは全く異なる科学に基づく医学をすることにより医薬分業という概念が初めて生じることとなりました。

    ちなみに西洋医学の本場欧州では過去に政治的中心人物が毒殺されるという事件が相次いだということもあり、薬剤師という身分は早くから確立しており、それが「毒物」であるかどうかについて見分ける重要な役職として扱われてきました。

    明治期にできた「薬舗主」という仕事

    日本における初の薬剤師が生まれたのは1874年(明治7)年の医制が導入されたときで、このとき「薬舗主」という薬の調剤を専門に扱う仕事が作られました。
    のちに1889年(明治22年)に現在の薬事法のもとになる法律ができたことで初めて「薬剤師」という名称が登場します。

    明治以降に急速に普及した西洋医学ですが、明治期の熱心な医制改革にもかかわらず医薬分業という概念はあまり一般に広がることはなかったようです。

    それまで薬によって患者を治してきた医師はその後西洋医学を学ぶ医師にとって代わられることになりましたが、従来の「医師が治る薬を出してくれる」というイメージは広く世間に持たれていたことにより現在にまでなお日本における医薬分業は道半ばという形になっています。